上乗せ配当がある企業に投資する

投資で得られる利益にはキャピタルゲインとインカムゲインの二種類があります。特に株式取引においては買ったときと売ったときの差額である売買益を指すキャピタルゲインが一般的ですが、配当を受け取ることで得られるインカムゲインも資産形成に大きく貢献してくれます。
配当とは、企業が自社の株式を保有している人に対して支払うもので、取得価額は関係なく一株当たりの金額が決まっています。そのため、保有している株式数が多ければ多いほど配当金も多く受け取れるのです。この配当金は定期的に受け取れるためインカムゲインとして計算でき、投資で得られる安定収入となるのです。また、株価が下がり株式自体の評価額が落ちたとしても、配当金である程度補填することが可能です。
配当金の金額は、主に企業の業績によって決まります。業績が良ければ金額が上乗せされ、業績が悪ければ金額が下がるのです。そこで、インカムゲインを得ることを投資の主目的にしている場合、配当の上乗せが期待できる企業の株式を買うという投資戦略があります。多くの企業は、業績が良くなったとしても簡単には上乗せを行いません。業績向上は一過性のものであり、将来に備えて社内で留保しておきたいからです。しかし、上場して間もない企業は株主をつなぎ止めることに加え、存在そのものを投資家にアピールするため積極的に上乗せを行う傾向があります。そういった企業に積極的に投資を行うことで、利益におけるインカムゲインの割合を増やし安定的な資産運用が可能になるのです。
新興企業は今後の展開によって配当だけでなく株価も上がる期待が高まるため、インカムゲインだけでなく予想外のキャピタルゲインも得られる可能性があります。

ページの先頭へ戻る